HOME / 歯を白くする食べ物って何?

歯を白くする食べ物って何?

歯が黄ばんでしまう食べものはたくさんありますが、歯を白くさせる食べものもあるのでチェックしておきましょう。
黄ばみが出る食べものよりもキレイにさせるものの方が良いですよね。歯を白くさせたい方は毎日食べるものにも気をつけてみてはいかがでしょうか。

歯の黄ばみを防げる食べもの

色素沈着してしまった歯の汚れを落とし、黄ばみを防止してくれる食べものを紹介します。
黄ばみを防いでくれる成分であるリンゴ酸が含まれているリンゴやイチゴ、トマト、梅、梨食物繊維が多く含まれているごぼう、ひじき、大根、きくらげパパインが含まれているパパイヤ、パイナップル、キウイはオススメです。
リンゴ酸は有名ですが、食物繊維パパインも歯の黄ばみを取り除く、防止する大きな力を発揮してくれます。

食物繊維は腸内環境を整えるだけでなく、繊維物が歯を掃除してくれるため歯についている色素を取り除き、色素沈着を防いでくれます。
また、パパインは歯に付着している汚れや垢を取り除いてくれます。これらの成分が含まれている食べものを食べるとより歯を白くさせることができます。

健康的な歯になる食べもの

歯を白くさせるためには色素沈着を防げるだけの力をもっておかなければなりません。
歯の表面についている汚れを取り除くだけでは再び色素沈着を引き起こしてしまうため、防御能力をあげておかなければならないのです。
健康的な歯になる食べものをいくつか紹介します。ごま、たまねぎ、しいたけ、ブロッコリー、にんじん、鮭などが主に挙げられます。

これらの食べものには殺菌・殺虫効果や歯の表面を守っている“エナメル質”を守り、形成する成分が含まれているのです。
エナメル質がきちんと構成されていれば歯に汚れや色素が付着することなく、いつまでも白い健康的な歯を維持し続けられるでしょう。
歯を白くさせるためには汚れを落とすだけでなく、どんな色素・汚れもつかないような歯にしていかなければなりません。このことをきちんと知っておきましょう。

ページトップへ