HOME / 歯を白くする成分とは?

歯を白くする成分とは?

歯の黄ばみを落とせる効果的な成分はどのようなものがあるのでしょうか。
黄ばみを引き起こす成分としてはカフェインポリフェノールなどが挙げられますが、逆に取り除ける成分はあるのか気になるところです。
そこで、黄ばみを取る成分について詳しく説明します。

ポリリン酸ナトリウム

歯の表面についている汚れ、着色されたものを浮かせることができる成分が“ポリリン酸ナトリウム”です。
ポリリン酸ナトリウムは黄ばみを落としてくれる歯磨き粉にも含まれており、着色汚れを取り除くにはぴったりの成分です。
非常に効果的なので黄ばみが気になっている人はぜひポリリン酸ナトリウムが含まれている歯磨き粉を利用してみてはいかがでしょうか。毎日食べるものや飲み物によって歯にはさまざまな汚れがついてしまいます。

それらの汚れを取り除くためには歯磨き粉が欠かせませんよね。
歯磨き粉でもさまざまな種類があり、黄ばみを取る成分が豊富に含まれているものから研磨剤が強いものもあります。
どのような成分が入っているのかきちんとチェックすると同時にインターネットで口コミや評判をみるのも良いですよ。

リンゴ酸

フルーツやナッツ類、乳製品等に多く含まれている"リンゴ酸”は歯の黄ばみを落としてくれます。
フルーツを毎日食べると次第に歯がキレイになると言われていますが、その秘密は含まれている成分にあったのです。リンゴ酸は天然成分なので歯のエナメル質を傷つけることはありません。
毎日少しでも食べ続けていくと歯に付着した汚れ、垢を取り除けるでしょう。普段の食生活から取り入れやすい成分なのでオススメです!

歯磨き粉に含まれている“研磨剤”

黄ばみを取る成分として有名なものが、歯磨き粉に含まれていることが多い“研磨剤”です。
研磨剤は歯の表面に付着している汚れや黄ばみ、歯垢を取り除くことができます。
しかし、歯磨き粉の研磨作用が強いもので歯を磨くと歯のエナメル質を傷つけてしまうため、歯医者に聞くと、歯磨き粉を選ぶ際は研磨剤は入っていない方が良いと言われます。
歯磨き粉を購入する際はどのような成分が入っているのかチェックしてください。

ページトップへ