HOME / なぜ歯が黄ばむの!?

なぜ歯が黄ばむの!?

普通に歯磨きをしているのに何で歯が黄ばんでしまうの…と悩んでいる人も多いでしょう。
歯が黄ばんでしまうのには理由があります。なぜ黄ばんでしまうのか、その理由について詳しくみていきたいと思います。
白いキレイな歯にしたい!と思っている人はぜひチェックしてください。

歯が黄ばむ「食べ物」をよく食べている

食べ物の中には歯の黄ばみの原因となるものがたくさんあります。
有名なものとしてはコーヒー、紅茶、チョコレートなどが挙げられますが、ほかにもネギ、にんにく、カレー、キムチ、アルコールがあります。
それらの食べ物は歯が黄ばむ成分が含まれているので要注意です。コーヒーや紅茶に含まれている“カフェイン”は歯にタンニンと呼ばれる成分が付着してしまい、歯にどんどん沈着します。
沈着することで歯が黄ばんでしまうのです。

また、チョコレートに含まれている“ポリフェノール”、ネギやにんにくに含まれている“硫黄”も黄ばんでしまうでしょう。
これらの食べ物を毎日食べているという人は注意しておかなければなりません。

タバコのヤニに要注意!

ヘビースモーカーであればあるほど歯の黄ばみがひどくなるでしょう。
歯が黄ばんでしまう要因にはタバコのヤニが大きく関係しています。さきほど、黄ばんでしまう食べ物について説明しましたが、タバコのヤニは食べ物よりも歯の沈着がひどいのです。
また、歯だけでなくニコチン・タール歯茎まで悪影響を及ぼすと言われているため歯の健康にも非常に良くありません。

口臭問題としてもタバコのヤニが注目されているのでタバコをできるだけ吸わないように気をつけておきましょう。

間違った歯磨きの仕方

普段おこなっている歯磨きのやり方が間違っていると逆に歯が黄ばんでしまうこともあります。
強い力で歯磨きをしている人もいますが、力が強すぎると歯に必要なエナメル質がはがれてしまうので注意してください。歯に刺激を与えるような歯磨きをしていないかどうか自分で確認していきましょう。

やさしい力加減の方が歯についた汚れを落とせます。
間違った歯磨き方をしているどうかわからない場合は一度歯科に行き、歯科医師から正しい方法を教えてもらうのも良いでしょう。

ページトップへ