HOME / 歯を白くする歯磨き粉の選び方

歯を白くする歯磨き粉の選び方

いろいろな種類の歯磨き粉が発売されているのでどれを選べば良いのかわからない人が急増しています。
ドラッグストアで半額で売られていたからと適当に選んでしまってはいけません。歯磨き粉によって含まれている成分が変わってくるので歯を白くさせたい!と思っている方は慎重に選んでいきましょう。
では、どうやって歯磨き粉を選べば良いのか詳しくみていきたいと思います。

エナメル質が傷つかないもの

歯の表面には“エナメル質”と呼ばれるコーティングがされています。
このエナメル質が薄くなってしまうとそれだけさまざまな汚れがつくことになり、色素沈着が発生して歯が黄ばんでしまうのです。

虫歯予防や黄ばみ防止にも役立つエナメル質を守るためにも研磨剤・漂白剤があまり入っていないタイプの歯磨き粉を選んでください。
入っているとしても強い成分でなければ大丈夫です。強力なものだとエナメル質まで壊してしまう恐れがあるので逆効果になってしまいます。
植物成分が含まれている歯磨き粉は歯や歯茎にも非常にやさしいのでオススメですよ。

植物成分が含まれているもの

歯をやさしくケアしながら余分な汚れを取り除いていける歯磨き粉を選ぶことが大切です。
黄ばみを落とす歯磨き粉としてオススメしたいのは、“植物性洗浄成分”が含まれているもの。
例えば、キラヤ樹皮エキスムクロジエキスといった植物成分は洗浄効果+歯・口の中のケアも可能なのでオススメです。天然から抽出された植物成分は歯や歯茎にやさしいですし、安心して黄ばみを落とせるのではないのでしょうか。

歯についている汚れ・垢を取り除き、その上から付着しないようにコーティングをし、汚れをつきにくくさせる植物成分が含まれている歯磨き粉を選びましょう。

コストパフォーマンスが優れているもの

白い歯を保ち続けるためにはコストパフォーマンスが優れている歯磨き粉がオススメです。
どれだけ良い成分が入っていても歯磨き粉は継続して続けなければ歯を白くさせることはできないでしょう。
しかも、歯磨き粉は毎日使うものでもあります。自分が毎月購入できる値段でないと財布事情が困ってしまうかもしれません。
購入し続けられ、かつ歯を白くさせるために効果的な歯磨き粉を選ぶことが大切です。

ページトップへ