歯を白くする歯磨き粉でホワイトニング

自宅で歯を白くしたいために「ホワイトニング用歯磨き粉」を使っている人は多いでしょう。
普通の歯磨き粉とは違い、ホワイトニング用には歯についた色素や汚れを取り除く成分が含まれています。
ホワイトニング用歯磨き粉を効果的に使って歯を白くさせていきましょう!

歯を白くする歯磨き粉を選ぶ3つのポイント

研磨剤や発泡剤が入っていないもの

ホワイトニング用歯磨き粉の使い方についてみていくまえに、選び方についてチェックしておきましょう。
歯医者や通販、市販などたくさんの種類が発売されていますが、できるだけ歯にやさしいホワイトニング用歯磨き粉を選ぶのがポイントです。

研磨剤、発泡剤、有効成分といろいろな成分が歯磨き粉に含まれています。しかし、あまりに洗浄力が強い成分が入っていると歯をコーディングしている「エナメル質」をはがしてしまうでしょう。

エナメル質がはがれてしまうとどんどん色素沈着が進行し、歯の黄ばみが悪化してしまいます。エナメル質が傷つかない程度で歯磨きをおこなっていかなければなりません。
よって、ホワイトニング用歯磨き粉を使用する場合は研磨剤発泡剤が入っていないものを選んでくださいね。

ステインや歯垢が取り除けるもの

歯に付着しているステイン歯垢を取り除ける成分が含まれている歯磨き粉を選ばなければなりません。それらの汚れが取り除けなければ歯磨き粉を使っても黄ばみが解消されないでしょう。

ポリリン酸ウルトラメタリン酸(ポリリン酸とリン酸を混合したもの)スイカズラエキスといった植物性洗浄成分といった成分がオススメです。
それらの成分は歯にやさしく、かつ洗浄効果も期待できるのでステインや歯垢が取り除けます。
再び汚れがつかないような予防効果も期待できるでしょう。

歯を白くする成分まとめ

ウルトラメタリン酸

下記のポリリン酸とリン酸を混合したもので、ポリリン酸よりも3倍も歯を白くする効果がある特許成分となっています。

「トゥースメディカルホワイト」にのみ配合されています。

ポリリン酸

安全性もとても高く、歯科クリニックでもホワイトニングの時に歯に塗って白くするときに使用しているのがポリリン酸です。
歯の表面のステイン・黄ばみ・汚れを落として歯を強くコーティング(再着色しにくくする)してくれます。

リンゴ酸

リンゴ酸は歯の色素沈着・黄ばみを落とす効果を持っています。ただ、上記2つに比べるとその効果は低いとみて良いでしょう。

天然由来のリンゴ酸は安全性ではとても高いですね。

歯を白くする歯磨き粉のランキングはコチラ↓

ページトップへ

歯を白くする歯磨き粉ランキング

薬用トゥースメディカルホワイト

60万本以上売れている歯科医も絶賛の歯磨き粉

薬用トゥースメディカルホワイトはホワイトニング歯磨き粉としてロングセラーの定番商品で審美歯科に置いてあったりもします。他との違いはホワイトニング効果が高いウルトラメタリン酸を配合している所。研磨剤や発泡剤もフリーで安心。朝晩たっぷり使っても1ヶ月持ちます。

価格通常(25g):3,560円(税込)
通常(25g×2本):5,690円(税込)
有効成分ウルトラメタリン酸EX

Blanica(ブラニカ)

天然由来成分100%でできたホワイトニング歯磨き粉

Blanica(ブラニカ)はホワイトニング成分のポリリン酸でステイン汚れや黄ばみを落としてくれる歯磨き粉。しかも殺菌効果もあるので虫歯予防や口臭対策も同時にできる!ビタミンE配合で歯茎ケアもばっちり

価格通常(30g):2,916円(税込)
定期(30g):2,624円(税込)
有効成分ポリリン酸

薬用PGホワイトニングPro

再生医療から生まれた新発売のホワイトニング歯磨き粉

薬用PGホワイトニングProは歯を白くする効果をより高くした分割ポリリン酸(※特許取得)を使用した歯磨き粉。毎日使う事でしっかりと歯を白くする事ができます。ブルガリアローズも配合しているので口臭予防もしっかりできる。研磨剤も発泡剤もなしで安心。

価格通常(30g):7,350円(税込)
定期(30g):5,890円(税込)
有効成分ポリリン酸

ページトップへ

自宅で歯を白くする効果的な方法

キレイな歯の人を見ると笑顔が素敵ですよね。
いつも真っ白なキレイな歯だと初対面の人でも楽しく笑顔で話せるでしょう。
歯を白くするためには歯科で専門的な処置をしなければならないと思っている人が多いですが、自宅でも簡単に白くできます。自宅で歯を白くする効果的な方法ついて詳しくみていきましょう。

食事の30分後に歯磨きをする

自宅で簡単にできる方法として、歯磨きをする“時間帯”に気をつけてください。
ご飯を食べた後すぐに歯磨きをしてはいませんか?
すぐに歯磨きをした方が歯に良い、歯についた食べかすをすぐに落とせると思いがちですが、30分~1時間ほど時間を置いた方が良いのです。

食事を終えた直後に歯磨きをするとエナメル質がやわらかくなっているため、間を置いた方が汚れを落とせます。
理想は食事をしてから30分後に歯磨きをすること。毎日2回以上きちんと歯磨きをしていけば次第に白くなるでしょう。

歯ブラシは乾いた状態で使うこと

歯磨きをするまえに歯ブラシを濡らしてはいませんか?
濡らした方が歯磨き粉が泡たちますし、歯がキレイになるイメージがありますが、そんなことはまったくありません。どっちかというと逆効果になってしまうのです。

濡れた歯ブラシを使ってしまうと歯磨き粉の有効成分が歯につくまえに落ちてしまい歯磨きの意味がなくなります。

歯磨きをするときは絶対に乾いた状態でおこなってくださいね。

歯磨きのしすぎはNG

頻繁に歯磨きをした方が黄ばみがなくなると思いがちですが、ホワイトニング用歯磨き粉は1日2回、または定期的な使用がオススメです。
含まれている成分によって変わってきますが、あまりにも強い成分が含まれている場合、毎日使ってしまうと歯のコーディングがはがれてしまいます。
歯磨きのやりすぎにはNGなのです。最低でも1日2回を目安に歯を磨いていきましょう。

また、ホワイトニング用歯磨き粉を最初に使わず、はじめは普通の歯磨き粉で歯を磨き、その後に使うと良いですよ。
とくに、強力な成分が含まれている歯磨き粉を使う場合は使う頻度にも注意しておかなければなりません。
よくドラッグストアに売っている歯磨き粉は研磨剤発泡剤が入っているものがとても多いので、今まで知らずに使っていた人は歯磨き粉自体を変えた方が良いですね。
研磨剤、発泡剤が入っていない歯磨き粉ならその点は安心です。

フルーツを食べるのも意外とよい

フルーツには歯を白くすると言われている“リンゴ酸”が含まれています。
リンゴ酸には天然の収斂材、歯の表面についている汚れや黄ばみをキレイに取り除いてくれる作用があるのです。
フルーツであれば何でも構いませんが効果的なフルーツとしては、リンゴ、オレンジがおススメです。

歯にとって大切なエナメル質を傷つけることなく、歯の黄ばみを落としてくれるでしょう。また、フルーツだけでなくナッツ類チーズ、牛乳、ヨーグルトといった乳製品も効果的ですよ。




ページトップへ